認知症の症状とは

認知症の症状とは

 

認知症の症状には、

 

記憶につかさどる中核症状と、

 

行動につかさどる行動心理症状という二つに分けられます。

 

中核症状では、失語、失行、失認、見当識障害など、物の使い方をわすれたり、言葉を忘れたり、段取りが組めなかったりと言う症状が出ます。

 

行動心理症状では、徘徊や暴言暴力、排便をトイレでできない、妄想など、行動につかさどる障害が見られます。

 

認知症患者の根本的な治療方法はいまはなく、薬を用いても症状を遅らすことしかできないのが今の医療の現状です。

 

認知症の症状とは記事一覧

料理と認知症予防

料理に関連する作業は脳の神経細胞を刺激して認知症予防に効果的です。いつもの食卓に変化をつけ、初めての料理屋てのこんだ料理にチャレンジする料理本のレシピをみる珍しい食材を使うレパートリーを増やす味や彩り変化痛みにくさなどを考えるのも効果てきですお菓子作りは分量、時間を正確に守らなければなりません脳の実...

≫続きを読む