料理と認知症予防

料理と認知症予防

料理に関連する作業は

 

 

脳の神経細胞を刺激して認知症予防に効果的です。

 

いつもの食卓に変化をつけ、

 

初めての料理屋てのこんだ料理にチャレンジする

 

料理本のレシピをみる

 

珍しい食材を使う

 

レパートリーを増やす

 

味や彩り変化

 

痛みにくさなどを考えるのも効果てきです

 

お菓子作りは分量、時間を正確に守らなければなりません

 

 

脳の実行機能を鍛える効果が高いです

 

 

また家族が喜んで料理を食べてくれると達成感になるので、さらに認知症予防につながるのです

 

料理は認知症発見のてがかりになります。

 

味付けの微妙な変化

 

薄味が上手だったのが濃くなってきた時は要注意です

 

 

段取りがわるくなる

 

ミスが増える

 

忘れ物が増えるなどの症状がある場合は、

 

早めに病院を受診してみてください